人間関係がうまくいかなくて、人と距離を置くけど、1人で孤独を感じているあなたへ

愛着障害

こんにちは、スワダ相談室 (公認心理師) です。

相談者さん
相談者さん

人と関わると、批判されたり、相手に都合のいいことを言われたりと、嫌な思いをすることが多く、人と距離を置いていますが、そうすると周りに人がいなくなって、孤独です。

スワダ相談室
スワダ相談室

人と一緒にいるのも、一人でいるのも、どちらも苦痛で、身動きがとれないような、そんな辛さがあるかもしれません。この生きづらさをどうしたらいいのか、考えていきましょう。

友達関係に疲れたあなたへ。人間関係のパターンを知ろう

こんな事例があったとしましょう。

30代 ユカさんのお悩み

ユカさんは、悩みごとを友達に話すと貶なされたり、友達の要求に応えないと、友達が不機嫌になることが続き、一緒にいると嫌な思いをするので、人と距離を置くようになりました。でも、そうすると周りに人がいなくなり、孤独を感じています。

相談者さん
相談者さん

一人の人と距離を置いても、別の人とも、また嫌なことが起きます。

スワダ相談室
スワダ相談室

一人の人と起きたことと同じようなことが、別の人との間でも起きる時、人間関係のパターンを見ていくことが、解決の手助けになることがあります。

ユカさんの今の人間関係のパターン

ユカさんの人間関係のパターンには、例えば、支配がテーマにあります。友達が期待する通りに、ユカさんが動かないと友達がキレるのは、友達が思い通りにユカさんをコントロールできないことに怒っており、いかに友達のニーズをユカさんが満たしてくれるかの関係で、尊重し合う関係に今ないのかもしれません。

周りの人との関係のパターンは、親子関係のパターンと似ることが多く、ユカさんは、例えば、以下のような養育環境だったかもしれません。

ユカさんの親との関係(幼少期の環境)
  • 支配者のような人が家族内にいる
  • 例えば、父親が支配者の場合、母親やユカさんは、自分の意見や要望を言わずに、父親のニーズを満たすことを優先してきた
  • 父親に無愛想な態度で示すだけでは、嫌だと感じていることが伝わらず、露骨に怒ると、逆ギレされるため、自分が我慢すればいいと思ってきた
スワダ相談室
スワダ相談室

幼少期の親子関係のパターンは馴染みがあるため、親子関係と似たパターンが展開される人に惹かれたり、気が合うと、私たちは感じます。そのため、今の人間関係のパターンを知り、そこでの傷つきを丁寧に扱ってもらったり、あなたの気持ちを大事にされることが必要です。

大事にされないから、大事にされるようになるために

相談者さん
相談者さん

相手のニーズや要望を優先することが、子供の頃から当たり前になっていて、自分の意見を言うのは苦手です。自分が我慢することにいつもなります。人との関係をどう変えていったらいいのかわかりません。

スワダ相談室
スワダ相談室

育った環境では、親の要望やニーズを満たしてあげることを優先せざるを得なくて、自分のニーズを言える環境になかったかもしれません。友達との関係においても、同じように相手のニーズを優先することになり、自分の意見を言ったり、自己表現することに、安心を感じないかもしれません。

大事にされる関係を作る

カウンセリングでは、あなたの意見や気持ちを大事にします。本当は、どんなお気持ちがあるのか、分からないところから、あなたが本当は感じていること、本音を、丁寧に見つけていきましょう。あなたの気持ちと一致するものを共に見つけて行く中で、これでいいんだと自信を感じたり、意見を言ってもいいんだと感じられるようになり、それは尊重し合う関係を築いていくことにも、つながります。

カウンセリングはこちらからお申し込みください。

初回カウンセリングのご案内
50分11,000円のところ初回は7,000円で受けられます。

当相談室で初めて受けられる方のためのカウンセリングです。
初めての方は「初回お試し個人カウンセリング」にお申込みください。

スワダ相談室
スワダ相談室

カウンセリングに興味があるけど、

受ける前に聞いてみたいことがある方や、

最初は簡単な講座を受けて学びを深めたい方のために、

ミニ講座を開催しています。ミニ講座のご案内は

メルマガLINEからお受け取りください。

メルマガ↑LINEのどちらかお好きな方をご登録ください。

1.「友だち追加ボタンをクリック
2. 追加+を押す

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました