愛着障害

人間関係がうまくいかなくて、距離を置くけど、1人で孤独を感じているあなたへ

友達と一緒にいると嫌な思いをするから、距離を置いているけど、他の人とも同じように嫌な思いをすることが起きて、一人でいることが多くなり孤独。そうした生きづらから抜けていくには、どうしたらいいのでしょうか。事例とともに解説します。
愛着障害

別れた後も彼に執着する。恋愛依存のカウンセリング

恋人への執着は、幼少期に"安心安全を感じる居場所"や、養育者との関係において、"大事にされる"と感じる体験がなかったからかもしれません。安心安全を感じ、大事にしてくれる居場所を、子供の頃からずっと希求していて、それを恋人が与えてくれるように感じたことから、彼に執着しているのかもしれません。
愛着障害

心がモヤモヤして、何が辛いのか分からないあなたへ

人に気を遣ったり、人の顔色をうかがう背景には、育った環境や親子関係が影響していることがあります。両親が不仲、または、親の感情面が落ち着いてないなど、安心を感じる環境がない時、子供は親の顔色や機嫌をうかがったり、親の満足のために頑張ることが自分の人生になることが多く、職場や恋愛でも親子関係と似た人間関係のパターンが起きることがあります。
自信がない・自信の付け方

自己肯定感を一人であげるのが難しい理由

自信がある・なしは、実は一人で作られるものというより、幼少期に養育者などが、どんな応答をしてくれたかが大きく関係しています。例えば、何か悲しいことがあった時、「あなたの話を聞いていたら、お母さん頭痛がしてきたわ」や「仕事が忙しいから早く話して」と言われたら、迷惑をかけたりしたら受け入れられない、自分はダメなんだと感じる「鏡」を心に内在化します。
タイトルとURLをコピーしました